ワールドカフェでシェアする仕事術!2018年度第1回勉強会を開催しました!

5月27日(日)、城西大学紀尾井町キャンパスにて、勉強会「ワールドカフェでシェアする仕事術!~あなたが感じる「あれっ!?」も解消しよう~」を開催いたしました。

今回は、若手GNスタッフの「みんな同じような悩みを抱えていて、一人じゃないと知ってほしい!」「他大にも同期、先輩、後輩を作る機会を!」という声から生まれた企画です!

今回の勉強会に先立ち、3年目までの若手職員を対象に、GNスタッフによるインプットワークショップをおこないました。
現在の大学、そしてわれわれ大学職員が置かれている状況を解説し、各自それぞれ、自分なりの問題意識を持つことができたものと思います。

2018.05.27 GN勉強会_180620_0105.jpg

その後は会場を移し、梅澤貴典氏(中央大学)、丸目雄三氏(学校法人城西大学)、そしてGN若手スタッフを加えた3名によるパネルディスカッションを行いました。

2018.05.27 GN勉強会_180620_0094.jpg

2018.05.27 GN勉強会_180620_0019.jpg

ここでは、パネラーの皆さんのあまりに濃い、濃すぎる、これまでの経験の赤裸々(ここではとても書けません・・・)に語っていただきましたが、その中でも、特に印象に残ったキーワードを以下改めてご紹介いたします。

1.「共感力(観察力)」
・人に寄り添えるのって大切。相手を理解しているからこそ、周囲に信頼され、そしていずれは周囲に大きな影響力を与えられるようになるのでは。同僚や仕事(業務)と、心と心が通じ合った瞬間ってものすごくテンション上がりますよ!

2.「組織(人)のいいところを見つける」
・どうしても人や職場のイヤなところというのは目につきがち。だけど、そういった苦手意識があればあるほど、積極的にその人(組織)の「いいところ」を見つけようとすれば自ずと愛着やはたまた共感力というのも自然と鍛えられるのでは。

3.「インプットなくしてアウトプットなし」
・相手に共感するには、自分の知識も大いに必要となる。こんな知識、何の役にも立たないなと思っていても、ふとした時に、それらがギューっとひとつに結びつくことがあります。そんな瞬間を迎えるためには、できるだけ多くのインプットが必要になります。
自分の考えやアイデアに説得力を持たせると訴求効果も高まって、周りの巻き込み力も相乗的に高まります。

その後は、本勉強会のテーマでもある「あなたが感じる『あれ!?』」が少しでも解消できるようそのヒントを探ることを目的として、ワールドカフェ(WC)に移行しました。

2018.05.27 GN勉強会_180620_0028.jpg

今回のWCは、以下4つのセッションで活発な議論が行われ、理解を深めました。

S1「意見交換(わたし、これ困ってます)」
S2「意見交換(大学職員ビフォーアフター)」
S3「提案(“理想”の自分“理想”の職場に近づくために) 」
S4「よし!みんなで『あれ!?』を解消!」

2018.05.27 GN勉強会_180620_0075.jpg

今回の勉強会だけで、みなさんの「あれ!?」が完全に解消できたとは思いませんが、少なくとも問題のシェアはできたのかなと思います。そして、先輩職員やみんなの話を聞いてみて、よし明日からまた頑張ろう!と、前へ進むほんの少しの勇気と前向きな気持ちを持ってもらえたら、運営としてはひとまずは本企画は成功だったと言えるのかなと思います。

もっとみんなこうしたらいいのに、こうなったらいいのに、など、どんな大きな変化も、最初はほんの小さなきっかけからはじまります。まずはその小さなきっかけづくり、すなわち、自分の身近なところからできる簡単なことを明日からの、新しい自分の最初の一歩にしてみてはどうでしょうか。

今後もGNでは、みなさんと一緒にわくわくできて、みなさんのいい”先輩”であり続けられるよう、さまざまな交流の機会を設けていきたいと思いますので、今後の企画にもどうぞご期待ください!