活動報告リポート -2011年度第4回勉強会-

2012年3月4日(日)午後、Greenhorn Network 2011年度第4回勉強会を開催しました。今回の慶応義塾大学日吉キャンパスを会場とし、キャンパスツアーと「秋入学」をテーマにしたグループワークを行いました。

■慶應義塾大学日吉キャンパスについて■
1934年開設。慶應義塾大学が設置する10学部のうちの7学部の1・2年次生や同高等学校、普通部の中高生などが学んでいる。敷地面積は約40万平米と同塾のキャンパスでは最も広く、入学式や卒業式といったイベント会場としても使われることの多いキャンパスとなっている。


DSC02661.JPG

まずはキャンパスツアーからスタート。事前に慶應義塾大学のメンバーにより日吉キャンパスの紹介がなされたのち、歩いてキャンパス内を周ります。三田キャンパスに比べるととても広いです。写真は正門から見た銀杏並木。



DSC02671.JPG

日吉キャンパスの歴史とともに主要建物の紹介がなされます。第二次大戦中に旧海軍連合艦隊司令部によってキャンパス地下に巨大な地下作戦室が建設されたり、戦後はアメリカ軍に接収されたりなど意外な情報にも接することができました。



DSC02685.JPG

大きなグラウンドでは体育会と思われる学生たちが練習中でした。150周年の記念式典会場にもなった場所です。その後会場に戻り、秋入学を題材にしたグループワークを行いました。簡単な情報整理のあと、秋入学を掲げた東京大学のメンバーから、学内の議論の背景などの簡単な補足がありました。



DSC02691.JPGグループはおよそ部署ごとに分かれ、秋入学が実現した場合に、各自が担当している業務にどのような影響があるのかについて意見を交わしました。その後、グループごとに簡単な発表をして全体で情報を共有。「入学前の学籍の取り扱いをどうするか」など、日々現場で働いている職員ならではの視点が盛り込まれた発表が続きました。終了後は会場のある建物の1階にあるHUBで懇親会を行い、お開きとなりました。



■リポーターKの感想■

 Greenhorn Networkは若手職員の集まりのため、管理職がいません。しかし、実際に秋入学を導入するとなった場合、現場で働く私たちの業務にもっともダイレクトに影響してきます。今回のグループワークは、秋入学導入はどういう影響があるのか現実的な問題として認識するいい機会だったのではないかと思います。
 キャンパスツアーも意義あるものでした。他大学のキャンパスを見るのは、やはり色々勉強になります。今後の勉強会でも、さまざまな大学のキャンパスツアーを企画していきたいと思います。ご期待ください!


【参考リンク(新規ウィンドウ)】
慶應義塾大学日吉キャンパスウェブサイト