「第10回SDフォーラム」分科会の報告者として参加してきました

2012年10月21日(日)、京都で開かれた「第10回SDフォーラム」に Greenhorn Networkが分科会の報告者として参加しました。 このフォーラムは、京都にある大学が加盟する「大学コンソーシアム京都」が毎年主催しているもので、今年のメインテーマは「若手職員の成長・育成」でした。 【SD(スタッフ・ディベロップメント)とは】 大学職員を対象とした資質向上のための組織的な取り組み。 今回、フォーラムを企画されるにあたり、継続して自主的な勉強会を運営している一例として、GNにお声をかけていただきました。 当日は名古屋大学高等教育研究センターの夏目達也教授による基調講演「若手職員の成長につながる学びとは」が行われ、その後6つの分科会に分かれるという形式でした。 GNが担当させていただいたのは「自主勉強会による大学職員の自律的キャリアデザイン」というテーマの分科会B。 まず代表よりGN設立のきっかけ、活動内容、これまでの運営上の試行錯誤などを発表し、質疑応答を挟んだ後、続いて5名程度ずつに分かれた5グループによるグループワークを実施。「勉強会を計画する」とした内容で、実際に仮想の勉強会を企画し、グループ発表で締めくくりました。同行していたGN運営スタッフたちも各グループにサポートメンバーとして参加しました。 分科会参加者は関西圏の大学職員の方が中心でしたが、勉強会の立ち上げを考えている、または既に運営されている方が何人もおられ、メンバー…

続きを読む

<大学職員志望者対象>【第4回】大学職員と語ろう!~大学職員志望者応援セミナー~のご案内

この企画は、参加者に「現職の職員」との交流を通して、より深く、より明らかに大学業界の姿を伝えたいという趣旨のもと、首都圏の大学等に勤務する若手職員のネットワーク、Greenhorn Network(GN)の参加型プロジェクトGN+(ジーエヌプラス)の有志のメンバーによって開催されるものです。 これまでに3回開催しましたが、いずれも好評のうちに終了いたしました。また、イベント参加者の方から「大学職員に内定することが出来ました」との嬉しい声も頂いております。 大学3年生はこれから就職活動が本格化していきますが、そのニーズに応えるため10/28(日)に第4回を開催することとしました。 大学職員に興味がある大学生・大学院生であればどなたでもご参加いただけます。また前回ご参加いただいた方のご参加も歓迎いたします。業界紹介の話の内容などは前回同様となりますが、ご了承ください。 大学業界を紹介するお話の他、参加者と現役の職員でざっくばらんにお話ができる座談会も用意しています。どうぞお気軽にご参加下さい。 ※本企画は、各大学が実施する採用説明会や採用試験とは一切関係がありません。また、給与、待遇、採用情報といった各大学の独自制度に基づく情報については、各大学によって異なるため、ご質問いただく内容によってはご回答できない場合があります。あらかじめご了承ください。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 名称 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

続きを読む

2012年度第3回勉強会・若手大学職員交流会のご案内

■■■■■■■■ 2012年度第3回勉強会のご案内 ■■■■■■■■ 【10/9追記】申込期限を延長しました!(10/11(木)18:00まで) 10月14日(日)、2012年度第3回勉強会を以下のとおり行います。 今回はGNの分科会として実施しているGN+(プラス)の 3つのプロジェクトグループ(PG)の活動成果報告会という形で勉強会を開催します。 ┏┓  ┗■GN+(プラス)とは  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ プロジェクトグループ(PG)ごとに取り組みたいテーマを設定し,ゼミナール的な活動を1年単位で行い,設定テーマに対するアウトプットを出すことを目的とするGNの分科会です。 現在,3つのPGが昨年9月から活動を行なっています。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 今回の勉強会では,GN+の1年間の活動成果報告を各PGに行なって頂きます。 この分科会は10月以降新たにメンバーを募集し,継続する予定ですので,GN+(プラス)の活動に興味のある方はもちろん,各PGの取り組み内容を聞くことでも充分に学びがあると思います。 職場の方や他大学の知人の方等をお誘いいただいてのご参加も可能です。 多くの皆さんのご参加をお待ちしています。 ┏┓  ┗■各PG(プロジェクトグループ)の紹介  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ …

続きを読む