活動報告リポート -2010年度第3回勉強会-

2011年1月10日(月・祝)、Greenhorn Network 2010年度第3回勉強会を開催しました。今回は獨協大学キャンパス見学会です。GNメンバーが自大学を案内するキャンパス見学会は毎回好評の企画です。 今回も、イベントの性質上20名という少人数の定員での募集でしたが、申し込みを開始して間もなく定員一杯に。メンバーの皆さんの関心の高さが伺えました。ここでは、当日の様子の一部をご紹介します! ■獨協大学について■ 獨協大学は学校法人獨協学園を母体とし、1883年に設立された獨逸学協会学校をルーツにしています。建学者である天野貞祐氏は哲学者、教育者として有名で、文部大臣を務めたこともある人物。「大学は学問を通じての人間形成の場である」を建学の理念としています。2014年に大学創立50周年を控え、キャンパス再編を加速させています。 参加者は14時に松原団地駅改札前に集合。東武伊勢崎線は日比谷線と半蔵門線に直通しています。雲がまったくないキャンパスツアー日和でテンションも上がりました。 キャンパスに向かう途中にきれいな建物が(写真手前)。同大の女子寮とともに「地域と子どもリーガルサービスセンター」が置かれており、地域住民の子どもに関わる相談を受け付けているそうです。写真だと分かりづらいのですが、建物に獨協大学のロゴが付いています。 駅名の由来にもなっている草加松原団地です。1962年の入居開始当時は「東洋一のマンモス団地」とも呼…

続きを読む